入社1年目社員必見!新入社員が読むべき5冊の本を紹介

読書

社会人になられた皆さまおめでとうございます!!
これからは、学校で学ぶ立場から社会のために働いていく立場に変わります。

初めての就職は社会人の始まり。社会人としての基礎を築き、様々なことを学ぶ重要な時期です。一刻も早く社会に貢献できる人材になるために、社会人としての心構え、ビジネスマナー、仕事の基本スキルなど、多くのことを吸収していく必要があります。

そんな入社1年目の皆さんの成長を促進できるように、今回の記事では新入社員におすすめの本を5冊ご紹介します。これらの本は、社会人として成長するために役立つ知識やスキルを身につけるのに役立ちます。

身だしなみやマナーといった基本的な部分について書いてくれている本もありますが、ご紹介しているのはマインドを紹介した本です。社会人としてのマインドを学び、吸収してスタートダッシュを決めましょう。

1. 入社1年目の教科書 (岩瀬 大輔 著)

created by Rinker
¥1,571 (2024/05/25 00:38:18時点 楽天市場調べ-詳細)

題名で何が書かれているかがわかりやすい!元ライフネット生命の社長である岩瀬大輔さんが書かれた一冊です。

社会人としての基本的な心構えや最低限のビジネスマナーを学べる一冊です。入社前に読んでおくことで、スムーズに社会人生活をスタートすることができます。

内容は仕事の原則に照準を当てて書かれています。「教科書」という題名の通り、社会人になったばかりで右も左もわからない人が読む内容にぴったり。一部では本当に教科書として大学のキャリア開発課などでは使われているようです。

社会人になる前に一度目を通して、周りの新入社員に差をつけちゃいましょう。

本書の特徴

・社会人としての基本的な心構えをわかりやすく解説
・期待されるビジネスマンとして活躍する方法とは?
・入社前に読んでおきたい内容を網羅

こんな人におすすめ

・社会人としての心構えを知りたい
・入社前に準備しておきたい
・仕事に取り組む姿勢を学びたい

詳細

出版社:ダイヤモンド社
発売日:2011年
ページ数:240ページ
価格:1,572円(税込)

2. 伝え方が9割 (佐々木圭一 著)

created by Rinker
¥1,540 (2024/05/25 04:38:01時点 楽天市場調べ-詳細)

どんな社会人になっても絶対に必要になるのが、コミュニケーション能力です。円滑なコミュニケーションに必要なことの9割は”伝え方”です。こちらの本は適切な伝え方を学べる一冊になっています。遅かれ早かれ絶対に必要なスキルになるので早い段階で読んで”伝え方”を習得しましょう。

本書の特徴

・相手に伝わる話し方のテクニックを紹介
・聞き方のコツをわかりやすく解説
・ビジネスシーンでのコミュニケーションに役立つ

こんな人におすすめ

・相手に伝わる話し方を学びたい
・聞き方を向上させたい
・円滑なコミュニケーションを実現したい

詳細

出版社:ダイヤモンド社
発売日:2013年
ページ数:212ページ
価格:1,540円(税込)

3.7つの習慣(スティーブン・R・コヴィー著)

多くの会社の研修で必須読書として使用されている1冊。この本に書かれている7つの習慣について学ぶことは社会人としてだけでなく、一人の人間としての質を1ランクも2ランクも上げてくれます。日本においては1989年の発刊からずっと愛され続けていて、240万部の発行数を誇る大ベストセラー本となっています。

本書の特徴

・社会人としてだけでなく、人間としての基本について学べる
・習慣の重要性を教えてくれる
・1冊の本にこれでもかというぐらいぎっしりと内容が詰まっている

こんな人におすすめ

・たくさんの本を読むことより、質の高い1冊を求めている人
・習慣を身に着けたい
・社会人になることの悩みに加えて、これからの人生にも悩んでいる人

詳細

出版社:キングベアー出版
発売日:2013年
ページ数:560ページ
価格:2,420円(税込)

4. 夢をかなえるゾウ (水野敬也 著)

created by Rinker
¥1,595 (2024/05/25 06:36:09時点 楽天市場調べ-詳細)

主人公とガネーシャの神様との会話を通して、人生の大切なヒントを教えてくれる一冊です。対話形式で非常に読みやすく、すらすらと読み終えることができます。本を読むことが苦手な人はまずはこの本から初めてみてはいかがでしょうか。

本書の特徴

・寓話形式で読みやすく、人生の教訓を学べる
・困難に立ち向かう勇気を与えてくれる
・仕事やプライベートに役立つヒントが満載

こんな人におすすめ

・人生に迷っている
・勇気をもらいたい
・仕事やプライベートに役立つヒントが欲しい

詳細

出版社:飛鳥新社
発売日:2007年
ページ数:357ページ
価格:1,150円(税込)

5. 嫌われる勇気 (岸見 一郎、古賀 史健 著)

アドラー心理学をわかりやすく解説する一冊です。題名の「嫌われる勇気」という言葉には「他人の期待を満たして好かれる人になるよりも嫌われる勇気をもって自分の生き方をしよう」という意味が込められています。
社会人になって絶対に感じる人間関係の悩み。そんな悩みについての解決策を提示してくれるのがこの1冊です。多くのビジネスマンに読まれており、必ず参考になる1冊です。

本書の特徴

・アドラー心理学の考え方をわかりやすく解説
・自分を大切にすることの重要性を説く
・より良い人生を送るためのヒントが満載

こんな人におすすめ

・自分の人生を見つめ直したい
・自分を大切にすることを学びたい
・より良い人生を送りたい

詳細

出版社:ダイヤモンド社
発売日:2013年
ページ数:296ページ
価格:1,650円(税込)

まとめ 新入社員の悩みは本を読んで解決しましょう

入社1年目は環境が変わり、新しい環境に慣れるために様々なことを学ぶ忙しい時期です。今回紹介した本はそんな入社1年目の皆さんのためにおすすめの本5選です。

今回紹介している本は2020年代になって出版された新しい本ではなく、2010年代に出版されて、世間からの認知、評判がある本のみをピックアップしています。
長く愛されている本なので、多くの社会人の先輩方が読み、学んできています。

これらの本を読むことで、社会人としての心構え、仕事の基本スキルなどを学ぶことができます。ぜひ、これらの本を読んで充実した社会人生活を送ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました