欲望に打ち克つ方法【HARMの法則を回避せよ】

人生・生活

欲をかいて失墜してしまう。昔話などでよくありますが、現実でも起こることです。したきりすずめや金の斧 銀の斧のような話のことです。

欲に溺れるということはかっこ悪いですよね。皆さんも頭の中では重々わかっていることだとおもいます。

ところが、現実はそんなに甘くはなく欲に打ち勝つのは難しいです。

ですが、欲望には勝ちたい。そのために、欲望のことをもっと深く知るべきです。

私たちは欲についてあまり考えることがないので、欲に負けてしまうのです。

そのため、欲といえばHARMの法則。 
このHARMの法則について分解して、それぞれ考えていきたいと思います。 
また、このHARMの法則に溺れないように、対策も考えていきたいと思います。 

欲望に対してしっかりと向き合って、欲望に溺れない方法を考えていきましょう。 

HARMの法則とは? 

まずはHARMの法則について説明していきたいと思います。 

HARMの法則についてはメンタリストのDaiGoさんが著書『人を操る近眼の文章術』の中でまとめておられます。

created by Rinker
¥1,540 (2024/05/25 04:29:33時点 楽天市場調べ-詳細)

HARMの法則とは人間の欲望である、4つの項目についての頭文字をとったものです。 

その4つとは、

  • Health  健康、美容
  • Ambition 夢 、将来、キャリア
  • Relation 人間関係、人間関係、結婚、恋人、会社
  • Money お金

となっております。

これらの4つの欲について溺れることが無ければ欲に打ち勝てる人間になれるわけです。

それぞれについてどういう欲なのか知って、対策と共に考えていきたいと思います。

Health 【健康 、美容】

健康については年をとればとるほど、不安を感じていきます。 
若いうちは特に健康を害することがないので、気にすることがありませんよね。

テレビで青汁のテレビショッピングをしていても若い人は健康に対する意識が高くない限り「なんのこっちゃ 」となるでしょう。 
特に健康に対して恐怖心を抱かないからです。 

ですが、年を重ねてくると健康について考える時間が長くなってきます。 
健康については、寿命と生き生きとした生活という観点の2つから考えることができます。 

寿命についてはできるだけ長生きしたいという希望が具現化した状態ですね。 

生き生きとした生活という観点は生活するにあたって、若い頃の動ける状態を維持したいという気持ちが働きます。 

このどちらにおいても、健康はだれしもが欲しがる要素となることでしょう。 

不老不死など現在では不可能なことを追い求めてしまうと、欲に溺れてしまいますが、必要な健康は欲として追い求めるべきだとは思います。

Healthへの対策 

健康は一朝一夕には身につくものではありません。毎日の食事や運藤などによって健康がもたらされます。ということをまずは理解してください。

逆にいうと、事故以外で健康を1日で害することはありません。不摂生の蓄積が健康に害を及ぼすのです。 

健康にうまい話はありません。日々の努力なくして健康はありません。 
健康に対する考え方を変えて、できる努力を始めていきましょう。 

Ambition 【夢、将来、キャリア】

Aはambition。夢や将来、キャリアという意味です。 
大谷翔平がメジャーリーガとしてすごすぎて同じようなプロ野球選手になりたい。前澤友作社長のようなお金持ちで有名な人になりたい。といった願望です。

また、会社内での昇進願望などもこちらに当てはまります。

分解してみると、他人と比較して自分よりも優れている部分に対して意識しているということ。その優れている部分と自分とのギャップに対しての差を埋めたいという欲望になります。 

Ambitionへの対策 

これに関しては大谷翔平選手がメジャーリーガーとして超一流選手になれたのはあくまで本人の努力です。努力をすればすべての人ができるものでもありませんが、努力をしない人には絶対に踏み込める領域ではありません。しかも、常軌を逸するほどの努力が必要だったと思います。本人は言うことはないですが、野球に結びつかないことなんてほとんどしてないのではないでしょうか。

なので、対策としては努力をすること。これに尽きます。

ただひたすらに努力を重ねて、優れた人になることが解決方法です。

昇進に関しても同様で努力を重ねている人が手にできる立場でもあります。

Relation 【人間関係】

人間関係、恋愛、結婚についてです。 

人は人との関わり合いの中で生きていくものです。そのため、人とつながっていたいという願望があります。

この人間関係を手に入れるための欲望を指します。恋愛や友人関係といった健全な関係性から、不倫や、愛人、パパ活といった不健全な関係のもののあります。

この関係性全般のことを指しますが、健全な関係性であれば生きていく上での必要項目ですので、特に抑制する必要はありません。

不健全な人間関係を築かない方法を考えていきましょう。

Relationへの対策 

不健全な人間関係を築いてしまうことは愛が不足しているということが挙げられます。不倫をしてしまった女性が「まりちゃん、さみしかった。」という風に言ってしまうのは愛が不足していたことが挙げられます。

この場合、男性側の愛情が足りていないという考え方は非常に危険です。

愛を与えてもらっていないから愛を与えてもらえる対象に愛を注ぐことは婚姻関係にある場合には絶対にやってはいけないことです。

愛を与えてもらえないのであれば、愛を与えてもらえる方法を考えること。もしくは、愛が無くても生きていける方法を考えることです。

基本的に愛はもらうものではなく、与えるものです。与えたうえで見返りを求めることはNGです。

愛を与えながら生きていける。そんな生き方が一番周囲も自分自身も幸せにできる生き方なのです。

Money  【お金】

一番英語がわかりやすいですね。Moneyはお金です。

お金があればできることの選択肢が増えます。そしてこのmoneyに関しては万人に通じる悩みなのではないでしょうか。

多くの人はお金が足りないという悩みを抱えています。そのため、簡単にお金が入る方法がないかを考えますし、楽してお金が手に入るという詐欺に引っかかったりします。

お金の悩みについては少し根が深いかもしれません。

Moneyへの対策 

真面目に働きつつ、お金は資産運用すべきです。

短期的な目線で見ると投資をしたことがマイナスになる場合もありますが、基本的には経済が成長し続ける限りはプラスに働きます。 

この対策に加えてお金に対する考え方を改めてください。お金は宝くじが当たるように一度に大金を手にするような方法はほとんどの人には縁がありません。なので、期待をしないことです。

また、うまい話があなたのもとに来るはずもありません。そんなうまい話があれば、とっくに日本中の大富豪がお金を使って、リサーチして情報を流さないように買収しています。

お金はコツコツと増やすものです。地道な作業になりますが、日々の勤労と日々の節約の賜物なのです。

まとめ 

今回の記事では欲望をHARMのそれぞれの観点から確認して生きました。 
このHARMに関してはすべての人間が手に入るものなら欲しいものです。 

ですが、溺れてはいけません。 
あくまで、欲望は自分の生活をうるおわせる範囲で持つべきものです。 
欲張りすぎて、溺れないように今回まとめた対策についてしっかり理解して実践していきましょう。 

すべて欲望が招くこと。 
欲をなくせば、目をくれることのない話です。 
欲をなくすことによって人生は変わります。 

上記のように人がなどんな欲望を持つのかを整理できれば、対処方法を考えることができます。 
対処方法があれば、欲に溺れることはありません。 
溺れても帰ってくることができます。 

自分を律してしっかりとした生活を送るようにしましょう。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました